毎日更新!!出会い系アプリで運命の相手を見つける方法!口コミから分かる出会いの可能性とは?

人は死ぬまで結婚できる 晩婚時代の幸せのつかみ方 (講談社+α新書) [ 大宮 冬洋 ]

■ PR ■

「どうすれば最高のドレスを見つけることができるのか?」



女性にとって、ドレス選びは非常に重要な悩みです。しかし、試着すればするほど迷ってしまい、ますます混乱してしまうこともあります。

ですが、慎重な情報収集とタイミングを考慮することで、自分にピッタリのドレスを見つけることができるのです。

まず、ドレス選びを始めるタイミングについて考えてみましょう。

去年まで気に入っていた服が今年は普段着になってしまうように、ドレスも早すぎる段階で決めてしまうと後悔する可能性が高いです。

たとえ式場の予約を1年以上前に済ませていたとしても、じっくりと情報収集を行い、その後に店舗を訪問するのがベストです。

一般的には、6カ月から4カ月前に店舗訪問するのが適切な時期とされています。

この期間に体型が変わったり、ダイエットに成功したりすることもあるため、サイズを確認する必要があります。実際にデータを見ても、挙式の半年前からドレスを探し始めた人が最も多く、次に6カ月前から3カ月前に探し始めた人が大半を占めていることがわかります。

次に注意しなければならないのは、衣装の持込み制限です。

ホテルや式場によっては、提携している衣装店があります。一部の式場では、持ち込み料を支払うことで他の衣装も持ち込むことができる場合もありますが、中にはその提携店以外の衣装は持ち込めない場合もあります。最近では、こうした制限が増えている傾向にあります。

そのため、自分が絶対にこの衣装を着たい場合は、持ち込みが可能な式場を探すしかありません。

そこで重要なのは、まず式場の予約を済ませた後に持ち込みの条件を確認し、その後に衣装探しを始めることです。つまり、まずは提携衣装店の中からドレスを探すことで、スムーズに進めることができます。

式場側も提携衣装店も、持ち込みができないということは、それなりのドレスの品揃えをしているはずなので、納得いく選び方ができるでしょう。

実際に、ドレスを探す際に1店舗に検討を絞った人が62.3%いることがデータからわかっています。

「もし、絶対に着たいと思う衣装がある場合は、写真撮影などで記念に残す方法があります。

このような特別な衣装は、一度きりの機会なので、後悔しないように注意しましょう。しかし、ドレスを選ぶ際には、普段のファッションとは違い、経験が少ないため微妙なものです。

自分に似合う服と、好きな服は違いますからね。ドレスを迷わず選ぶためのポイントは、姉妹や母親、友人など、あなたをよく知る第三者と一緒に行くことです。

もちろん、衣装店のスタッフも的確なアドバイスをくれますが、あなた自身の好みや性格までは完全に理解しているわけではありません。彼らとの理解を深めるには時間がかかります。

店のスタッフのおすすめを断るのが難しい場合もありますが、あなたをサポートしてくれる人が一緒にいると心強いですね。
 


 


人は死ぬまで結婚できる 晩婚時代の幸せのつかみ方 (講談社+α新書) [ 大宮 冬洋 ]
ショップ:楽天ブックス
価格:924 円
講談社+α新書 大宮 冬洋 講談社ヒトハシヌマデケッコンデキル バンコンジダイノシアワセノツカミカタ オオミヤ トウヨウ
発行年月:2018年03月21日
予約締切日:2018年03月19日
ページ数:224p
サイズ:新書
ISBN:9784062915205 大宮冬洋(オオミヤトウヨウ) 1976年埼玉県生まれ。

一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリングに入社するがわずか1年で退社。

編集プロダクション勤務を経て、2002年よりフリーライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) はじめにー「熟慮婚」の時代/序章 なかなか結婚しない人の5つの理由/第1章 自分が変わるー独身を満喫したからこそ、家庭が楽しい/第2章 相手選びが変わるー「気持ち」と「条件」の合う相手/第3章 夫婦生活が変わるー余裕がある者どうしの暮らし/第4章 晩婚に立ちはだかる壁/第5章 いまから始める大人の婚活/第6章 大人の婚活実践術/第7章 人はいつでも結婚できる 婚活、再婚、離別、連れ子、親の介護ーきれいごと一切なし!結婚しなくても幸せになれる時代に、「結婚」を選んだ人たち。

その方法とメリットが全てわかります! 本 人文・思想・社会 社会 家族関係 美容・暮らし・健康・料理 恋愛 結婚 美容・暮らし・健康・料理 冠婚葬祭・マナー 結婚 新書 その他


ショップ:楽天ブックス
価格:924 円

4 (1件)

結婚する際には、妥協が必要な場合があると言われています。



今回のアンケートでは、20〜30代の既婚男性100人を対象に、「結婚と妥協」に関する調査が行われました。調査結果では、半数の49%の人が結婚する際に妥協した経験があると回答しました。一方、51%の人は妥協経験がなかったと回答しました。

では、具体的にどのような点で妥協があったのでしょうか?アンケートでは、性格が最も多くの人にとって妥協点となったことが明らかになりました。以下は、回答者のコメントの一部です。

- 「相手の性格に変わった部分があるが、あまり気にしなくなった」
- 「相手が細かいところにこだわらないようにした」
- 「相手のだらしない部分があるが、自分がやれば問題ないと思って結婚した」
- 「相手が怒りっぽい性格だけれど、夫婦として乗り越えられると信じている」

性格は結婚において重要な要素とされていますが、意外なことに、多くの人が性格に関して妥協していたようです。性格と言っても、様々な要素が組み合わさって個々の性格が形成されていますので、相手と自分の性格が合わない部分があるのは仕方のないことかもしれません。

しかしながら、実際に妥協した結果、問題が起きなかったと感じている人が多数でした。結婚生活においては、お互いの妥協や努力が必要ですが、相手の性格を受け入れることができると、円満な結婚生活を築くことができるのかもしれません。

ただし、いくつかの意見では、夫婦間の問題や離婚といった悲しい結果につながることもあるとして、「我慢している」「ケンカになる」という方や信頼関係が崩れて離婚してしまった方もいると述べています。

一方、外見に関しては、性格とは異なり、回答の全てが外見に対して気にならなくなったというポジティブな意見であり、結婚生活を楽しんでいると述べています。

また、自分の好みにピッタリ当てはまる外見の人を見つけることは難しいものだとし、好きな人と結婚すれば、外見も自然と素敵に思えることもあると述べています。さらに、結婚後も自分磨きを続けることで、お互いの幸福度が上がる可能性もあるとしています。

それから、仕事の有無や雇用形態に関しては、妻には働いてほしいという意見が多数派であり、家事をしっかり守ってほしいという意見もあります。ただし、希望が合致するのは理想的だが、実際にはなかなかそうはいかないカップルも多いと述べています。

最後に、家事スキルに関しては、一部では料理好きな人が良かったが、料理が上手ではない人と結婚したという意見もありますが、そのうちに慣れて気にならなくなったと述べています。また、家事スキルがなかったという意見もあります。


28歳の徳島県在住のアルバイトの人は、「家事はほとんど自分がすることになった」と述べています。

34歳の埼玉県在住の会社員の人は、「片付けがあまりできない人と結婚。それを機に家事の役割分担をするようになった」と述べています。

共同生活をする以上、相手の家事の能力やスキルは気になるものです。パートナーとの家事分担も、相手に基本的な家事能力がある場合にのみ可能です。

もちろん、誰にでも苦手なことはありますので、無理をしなくても構いませんが、余裕があるならば、家事のスキルを少しずつ向上させておくことは損にはならないでしょう。

その他にも、「自分のタイプではなかったけれど、それなりに上手く行っている」とか、「金の使い方には諦めを持った」といった声もあります。

また、「相手の年齢がかなり上だったので子供は望めなかったが、最終的にはそれも気にならなくなった」という意見も寄せられています。

以上、これらの声から妥協してはいけない条件について考えてみましょう。株式会社シーオーメディカルが38歳の既婚女性100人に実施したアンケート調査の結果に基づいて、妥協してはいけないポイントを紹介します。

38歳の既婚女性の場合、結婚相手に求める条件として最もNGなものは、「短気」であることで、71.0%の女性がそう考えています。

2位は「金銭感覚が合わない」で、67.0%の女性がこの点について妥協せずに求めると答えました。3位は「他人(店員など)への態度が悪い」で、63.9%の女性がこれに関して譲れないと考えています。

4位は「会話の内容が合わない」で、47.0%がこの点について気を使っています。5位は「食べ方が気になる」で、44.0%の女性がこの点について譲れません。結婚相手として選ぶ際には、短気であるような人と結婚することは避けるべきです。

結婚生活は我慢をすることも多いものですので、常に怒っていたり喧嘩をしていると疲れ果てるでしょう。結婚相手を選ぶ際のポイントとしては、自分が嫌だと感じる点が相手と合致しているかどうかが重要です。

一緒に好きなものや趣味があることも大切ですが、相手との嫌な点が合致していないと、結婚生活はうまくいきません。

相手が自分の嫌なことを受け入れている場合、一緒にいることが苦痛になります。結婚において重要な条件の一つは、お金の管理能力です。

金銭感覚が異なる人との結婚は困難です。さらに、自分自身でお金を管理する力がない人は、結婚後に苦労することがあります。浪費癖や給料日前にいつも金欠と言うような兆候は注意が必要です。

また、結婚において重要な条件の一つは、相手が周りの人々を大切にするかどうかです。結婚相手は当然、私たち自身を大切にしてくれるべきです。

しかし、結婚を考える場合、相手が私たちの家族や友人、そして私たち自身の家族なども大切にしてくれるかどうかも確認するべきです。私たちが結婚を決める際には、妥協した点があるかもしれませんが、同時に、「この人となら結婚したいな」と思う理由もあるはずです。

そのため、私たちは「今の奥さんが結婚の決め手になった理由」についても聞いてみることが重要です。私たちが心地よく一緒に過ごせることは、結婚を決める際に大きなポイントです。

一緒にいると私たちが楽であること、気を遣わずに過ごせることが多くの人にとって重要です。一緒にいたときの感じが自然であり、この人と結婚したらこんな感じだろうというイメージが自然に湧いたり、安心感を感じたり、自分自身を自然体でいられることができると、私たちは相手に無理をせずに過ごすことができます。結婚生活では多くの時間を一緒に過ごすことになるため、ドキドキするような恋愛だけでなく、隣にいて安心感を感じる関係も注目すべきです。

結婚のタイミングや流れに関して、回答者の中には「なんとなく」という理由で結婚を決めた人も多かったです。例えば、37歳の会社員の方は「なんとなく、妻になる人だという印象を感じた」と述べています。

また、30歳の会社員の方は「年齢とタイミング」が結婚を促した要素であり、27歳の公務員の方は「勢い」があったことを挙げています。これらの意見からは、必ずしも徹底的に考える必要はないという気持ちも垣間見えますが、なんとなくでも自然に結婚を考えられる相手は貴重だと言えます。

結婚は重要な決断なため、ある程度の勢いも必要です。

性格に関しては、「優しい」という意見が多かったです。

多くの回答者が「性格が合うかどうか」と注目しており、39歳の会社員の方は「明るい」、28歳の会社員の方は「感情が爆発しないところ」、37歳の主夫の方は「内面がしっかりしていて気を使わなくてもいいところ」と述べています。

性格に関しても、結婚の決め手となった要素として多くの回答が寄せられました。ただし、どの性格の特徴を重視するかは個人によって異なるため、自分と合うかどうかという視点に注目したいです。

相性に関しては、「気が合う」という意見が多くありました。回答者の中には「相性」や「価値観が合う」という意見もあり、37歳の会社員の方は「フィーリングが合う」と述べています。

35歳の会社員の方は「話が合う」と述べています。なんとなくこの人と合うと感じることはありますよね。これらの回答からは、一緒にいて心地良いと感じることが重要であることが共通点です。

相性や価値観には明確な正解はないため、「なんか合うな」と感じる相手と結婚できれば、結婚生活もうまくいく可能性が高まるでしょう。

その他には、「料理がうまい」という意見が多かったです。28歳の東京都在住の方は「何をしても許してくれるところ」と述べており、39歳の会社員の方は「何よりも私への想いが強かったから」と述べています。

35歳の青森県在住の方は「尊敬できるところ」と述べており、28歳の福岡県在住の方は「今までで一番家庭的だった」と述べています。他にも「家族と仲が良かった」「笑顔が素敵で、元気にしてくれる」「自分を大切にしてくれる」といった声もありました。
以上のような意見が集まりました。

結婚は一度決めるとなかなか解消が難しい関係になるため、結婚前には妥協するポイントとして受け入れられる点や、できれば避けたい点を理解することが重要です。

心地よい範囲で妥協して、幸せな結婚生活が送れる相手と出会えることを願っています。結婚相手を選ぶ際には慎重に検討し、自分自身の幸せを大切にしてください。
 


ちょっと耳寄りなお話



「独身男性との出会い方」という話題について、今回は30代40代の多忙な男性が魅力的な理由についても触れ、彼らが結婚に向いていることを説明していきます。

現代の日本社会では、男性の恋活や婚活の意欲が低下しているという傾向があります。出会いの場所や飲み会などでも、男性の参加率が低いと指摘されることもあります。

しかし、それだけが原因ではありません。実際には、多忙を極めるワーカホリックな男性たちが、出会いの場所に行けない状況や飲み会のやり方を忘れるなど、出会いに直結する行動ができなくなっているという実態があります。

仕事を中心としたライフスタイルに追われる彼らは、男性だけのグループで過ごすことが増え、出会いの機会が少なくなっています。しかしながら、彼らの中には“磨けばなかなかのイイ男”も含まれています。こうした男性たちは、緊張することもなく、お金もかけずに気軽に過ごせる生活を送っています。

ただし、彼らも心の中では「彼女が欲しい」「結婚したい」と思っていることが多いです。しかし、出会いの計画を自分で立てることができず、その状況を打開するためには、積極的に女性側からアプローチしていく必要があります。

そんな多忙な30代~40代独身男性の特徴は、結婚願望が強く、女性側からすると魅力的な存在だということです。彼らとの出会いも、積極的に探すことで実現することができます。

新しい出逢いから、豊かでときめく人生を
もう一度はじめてみませんか?
【登録無料】





名前:
コメント:

記事一覧

( 132件 )